• 清水港
  • 御前崎港
  • 田子の浦港
  • 下田港

各事務所の沿革と所在地

沿革

 清水港の歴史は極めて古く、日本書紀によると、奈良時代には百済援助の軍船が、清水周辺の船着き場から出発したと推測される記述があります。
 明治32年(1899年)に国際貿易港として「開港場」に指定され、その後の貿易量の増加に伴い、明治43年(1910年)から修築工事(~大正4年(1915年))が行われました。
 取扱貨物の更なる伸びに対応し、大正10年(1921年)から旧内務省による国の直轄工事として第二期清水港修築工事が行われることとなり、「内務省横濱土木出張所清水港修築事務所」が設置されました。これが清水港湾事務所の発祥です。
 戦後の復興、地域経済の復活など更に貨物量が増えたことから、昭和27年(1952年)には特定重要港湾に指定され、直轄事務所において外港・三保防波堤や日の出・富士見・興津・袖師各ふ頭の岸壁整備が実施され地域経済の成長を支えました。
 近年では増え続ける国際海上コンテナに対応するため、新興津ふ頭における-15m岸壁第1バースの整備を実施、平成15年(2003年)より供用され、製造品出荷額全国第4位の静岡県経済の発展に大きく貢献しています。
 なお、平成20年度(2008年度)より新興津ふ頭-15m岸壁第2バースの整備に着手し、岸壁及び泊地は平成24年度(2012年度)完成、平成25年度(2013年度)より供用開始しています。

所在地

写真:清水港湾事務所

  • 住所 〒424-0922 静岡市清水区日の出町7番2号
  • TEL 054-352-4146(代表)
  • FAX 054-353-3072

交通手段

地図:清水港湾事務所

JR清水駅または、静岡鉄道・新清水駅から、しずてつジャストラインバスで、三保方面行き「波止場フェルケール博物館」下車徒歩4分

エスパルスドリームプラザ前の、国道149号線を三保方面(150号線)へ。右手にフェルケール博物館を過ぎてすぐ、港方面へ向かう道を左折し港方面にいくと右手に事務所が見えてきます。(左折する交差点(ファミリーレストラン前)に信号はありませんが、当事務所の案内標識があります。)







沿革

 御前崎港は、古くから沿岸航行船舶の避難泊地として利用されてきた港であり、昭和11年(1936年)に避難港指定を受け、避難泊地の整備が進められました。
 その後、昭和40年代には外材輸入が増加したことから、清水港で取り扱う木材を補完する整備が進められ取扱貨物も増加、昭和50年(1975年)には重要港湾に指定されました。
 昭和53年度(1978年度)より、女岩地区の防波堤整備が国直轄事業として実施される事になった為、「清水港工事事務所御前崎分室」(現清水港湾事務所御前崎港事務所)が開設されました。
 以来、防波堤整備を推進すると共に、背後地域企業の利便性向上のため、西ふ頭国際物流ターミナル(-14m岸壁)第1バースの整備を実施、平成16年(2004年)より供用開始され、主に国際海上コンテナ貨物が取り扱われています。

所在地

写真:御前崎港事務所

  • 住所 : 〒437-1623 御前崎市港6170
  • TEL : 0548-63-4840
  • FAX : 0548-63-4826

交通手段

地図:御前崎港事務所

JR菊川駅から、しずてつジャストラインバス菊川浜岡線経由、または、JR静岡駅からしずてつジャストラインバス特急静岡相良線経由「御前崎支所」下車徒歩10分

「御前崎ヤシの木通り」の御前崎港交差点(信号あり)を海側に入ると左手に見えてきます。信号手前に当事務所の案内標識があります。







沿革

 田子の浦港は、元来、沼川と潤井川の河口部だった場所を、昭和33年(1958年)から10余年の歳月を掛けて開削整備した「掘込式港湾」です。これによって、製紙業、食品加工、化学工業、石油基地などが立地し、新しい工業地域が形成され、昭和39年(1964年)には重要港湾として指定され、現在に至るまで周辺の企業活動を支える港として利用されています。
 しかしながら、近年船舶の飛躍的な大型化が進んでいることや、差し迫る東海地震対策の必要性などから、平成17年度(2005年度)より国直轄事業として、航路泊地及び中央ふ頭地区の多目的国際ターミナル(-12m岸壁)整備が実施されることとなり、「清水港湾事務所田子の浦港分室」(現清水港湾事務所田子の浦港事務所)が設置されました。
 平成17年(2005年)から航路泊地浚渫工事、平成19年(2007年)からは岸壁工事に着手し、岸壁については平成22年度(2010年度)より供用開始しています。航路泊地についても-12mを長期的に確保するため、港口部において航路保全対策の整備を進めています。

所在地

写真:田子の浦港事務所

  • 住所 : 〒417-0015 富士市鈴川町1-2 田子の浦港湾合同庁舎1F
  • TEL : 0545-32-1125
  • FAX : 0545-32-1127

交通手段

地図:田子の浦港事務所

JR吉原駅から 徒歩5分。










沿革

 下田港は、日米和親条約(安政元年(1854年)で知られる歴史ある港です。一方で周辺海域は、地形及び海象条件が厳しく、海難事故の多発地域となっており古くから荒天時における避難場所として利用されていたことから昭和26年(1951年)避難港として指定され、避泊水域増加のための整備が実施されてきましたが、航行船舶数の増加による避泊隻数増加の観点及び東海地震による津波対策の観点の両面から、昭和55年度(1980年度)より国直轄事業として下田港外港防波堤建設事業が認められたため、「清水港工事事務所下田分室」(現清水港湾事務所下田港事務所)が開設されました。

 昭和60年(1985年)より外港防波堤の現地着手がなされ、高波浪及び大水深(最大水深42m)の厳しい気象・海象条件の中で、下田市民の生命・財産を守る施設として整備を進めています。

所在地

写真:下田港事務所

  • 住所 : 〒415-0023 下田市三丁目18-25
  • TEL : 0558-23-1208
  • FAX : 0558-23-4249

交通手段

地図:下田港事務所

伊豆急行「伊豆急下田駅」から、伊豆箱根鉄道バス下田海中水族館方面行き「了仙寺」下車徒歩5分

ペリー艦隊来航記念碑を通り過ぎたところに当事務所への案内看板があります。案内看板にしたがって右折すると事務所が見えてきます。