• 清水港
  • 御前崎港
  • 田子の浦港
  • 下田港

Q&A 港のハテナ

 清水[しみず]港の「?」を大解決!みんなからの質問[しつもん]にまとめてお答えします。


疑問[ぎもん]・質問もいつでも受付中!

清水港ってどれくらいの大きさ?

写真:清水港

 清水港は水面の面積が1,268ha[ヘクタール]、陸の面積が496haで、合わせて1,764haです。なんと、東京ドーム375個分の広さ!とっても広い港だけど、日本国内にある外国と貿易[ぼうえき]する主要な港(国から指定される国際戦略港湾、国際拠点港湾)23港の中で、面積では1番小さな港なんです。

 でも、貿易の取扱量[とりあつかいりょう]では全国で上位をキープするなど、コンパクトながら働き者の港です。

タンクの中には何が入っているの?

写真:タンク

 袖師[そでし]第2埠頭[ふとう]のタンクには、化学品が入っています。

 プラスチック・薬品の原料となるメタノール(インドネシア産、ニュージーランド産)、お酒・消毒液[しょうどくえき]の原料となるエタノール(ニュージーランド産)、フライパンなどのテフロン樹脂[じゅし]の製造[せいぞう]に利用されるクロロホルム(韓国[かんこく]産)などが、外国から運ばれ、タンクに保管されています。

 それぞれのタンクに保管[ほかん]された化学品は、パイプを通じてタンクローリー車に積み込まれ、各工場へ運ばれます。

コンテナの大きさはどれくらい?

写真:コンテナ

 コンテナとは、”荷物を運ぶ金属[きんぞく]の函[はこ]”という意味です。コンテナの大きさは長さ20フィート(約6m)と40フィート(約12m)の2種類があります。

ガントリークレーンってなあに?

写真:清水港のガントリークレーン

 コンテナ船が着く港にはコンテナターミナルがあって、船からコンテナを積みおろしするための専用[せんよう]のクレーンです。大型コンテナ船の荷役[にやく]作業を効率[こうりつ]良く行います。


※荷役作業とは、荷物の積み下ろしの作業のことです。

(←写真:清水港のガントリークレーン)   

清水港には1年に何隻[せき]の船が入ってくるの?

写真:船

 平成26年の1年間で外航船が1,671隻、内航船は6,790隻が入港しています。

 1日あたり約23隻の船が清水港に来ていることになります。

清水港に入ってくる一番大きなコンテナ船の大きさは?

写真:コンテナ

 長さ約340m、幅約60m、サッカー場が2つ入るくらいの大きさです。
 以前はこの大きさの船は清水港に入ってこれませんでしたが、新興津[しんおきつ]コンテナターミナルができ、大きなコンテナ船も入港できるようになりました。

清水港はなぜ、こんなに綺麗なの?


写真:コンテナクレーン 

 清水港は"富士山"と"青い空・海"を背景にした美しい港ですが、実は、この風景をより美しく見せる「清水港みなと色彩計画」という取り組みがあるのです。

 これは、周辺企業の皆様に協力して頂き、美しく見えるように"塗り替え"をしているのです。

 色彩計画は、「シンボルカラー」を"白"と"アクアブルー"の2色とし、港内8つのゾーンにそれぞれ「ベースカラー」「アクセントカラー」「アクセサリーカラー」を設定することで"全体が綺麗に見える"ように考えられています。

 この取り組みは平成4年からスタートし、20年を超えた今でもずっと続けられています。そのお陰で、昔は工業港のイメージが強かった港でしたが、今では「日本三大美港」に数えられるまでに美しくなりました。

テルファーってなに?

写真:テルファー

 テルファーは、昭和3年に臨港線[りんこうせん]の清水港駅に設置[せっち]された木材積み込み機のことです。

 従来は木材を沖[おき]合いから筏[いかだ]に組んで運びコンベヤーで貨車に積み込んでいましたが、テルファーの設置により短い時間でたくさんの木材をあつかえるようになりました。この新しい装置[そうち]により、清水港は近代港としてますます栄えていったのです。

質問受付中!

 みなさんからのご質問はEメールでいつでも受付中!

※ご質問の内容により回答が遅れる、もしくは回答ができない場合があります。なにとぞご了承ください。