• 清水港
  • 御前崎港
  • 田子の浦港
  • 下田港

港で働く船

 清水港には、港の船を安全に運行させたり、海上の事故や犯罪を防止したり、外国からの拳銃や麻薬の密輸を監視したりする船もみられます。大切な役割を持った船で、形もそれぞれ個性的です。

タグボート(新春海丸[しんはるみまる])

写真:タグボート

 船の先端部で大きな船を押すため、クッションの役割をするタイヤがいくつもついています。

清掃船(ともえ丸)

写真:清掃船(ともえ丸) 船の舳先[へさき]に大きな口が開いていて、水流を作り出して海にうかんでいるゴミをすいこみます。船の中心部分にはゴミを集めるフィルターのような装置があり、まるで海にうかぶ掃除機です。

監視艇(はごろも)

写真:監視艇(はごろも)

 密輸など海上での違法な品物の受け渡しを取りしまるための税関の船です。

パイロット艇

写真:パイロット艇

 大型船の入出港のときに、港内を誘導するパイロット(水先[みずさき]案内人)を運ぶ船です。

警備艇(するが)

写真:警備艇(するが)

 警察の船です。港や海水浴場で起こる事故の防止や人命救助、事件防止のパトロールをします。

巡視艇(おきつ)

写真:巡視艇(おきつ)

 海上保安庁の船です。海でのさまざまな自体に備える装備がなされています。Sを横にした紺色のマークが目印です。

港湾業務艇(まさき)

写真:監督測量船(まさき)

 清水港湾事務所の船です。現場の足として、また測量業務を行っています。