• 清水港
  • 御前崎港
  • 田子の浦港
  • 下田港

どんな働きがあるの?

 そもそも港って何のためにあるんだろう?私たちのくらしと港の関わりを説明するよ。

わたしたちのくらしを支える港

 日本は、世界中の国と品物の取り引きをしています。食べものや工場で加工される原料などは、外国から運ばれてくるものがほとんどです。

 いっぽう、自動車や電化製品、部品など日本の工場でつくられたものは、海外に運ばれていきます。外国との品物の輸送には、ほとんど船が使われています。船の輸送は時間はかかりますが、一度にたくさんの荷物を運べるからです。

 日本はまわりを海で囲まれているために、各地に外国船がやってくる港があります。港はわたしたちのくらしをささえているのです。

図:輸出入

食べものの半分以上が輸入

 肉や魚、大豆、果物など、私たちが食べるものの半分以上が外国でつくられたものです。

石油などはほぼ全部を輸入

 電気などのエネルギーをつくるエネルギー資源のうち、石油、石炭、天然ガスなどは、そのほとんどを輸入にたよっています。

海外からのほぼ全部の貨物が船ではこばれてきます

 外国からの貨物のほとんどは船で運ばれてきます。飛行機で運ばれてくるものは限られています。