• 清水港
  • 御前崎港
  • 田子の浦港
  • 下田港

港の建設

 明治32年8月に清水港は、開港場として正式に認められましたが、当時はまだ従来からの艀荷役に頼っており、港湾施設は不備が目立ちました。港は茶の輸出を中心に発展を遂げるようになり、それに伴って近代的な港湾施設を整備することが急務でした。

「変遷」半世紀をかけた港づくり

写真:コンクリート打設

 明治40年に、第2種重要港湾に指定された後、翌41年には第1期修築工事として、江尻船溜、巴川地区の整備が始まり、大正元年には三保大鼻に清水灯台が設置されました。

 この頃から、製茶の輸出量は急増し始め、日本郵船をはじめとする新茶積取船の入港が盛んになりました。

 清水税関の設置や静岡清水間の軽便鉄道の開通もこの時期で、港では荷役の円滑化を図るため、内外の巨船が接岸できるよう改良工事を行なうこととなり、県は浚渫[しゅんせつ]作業船の購入を決めました。


 現代に比べ、機械設備も資材も乏しい中で、数百トンにも及ぶコンクリートケーソンを陸で製造し、港に沈める作業は困難を極めたでしょうが、当時の工事関係者の技術水準の高さと情熱には本当に頭が下がる思いがしますね。

 なお、この時の大量の浚渫土を利用して、三保貝島地先水面約51万2千4百平方メートルの埋め立てが行なわれ、港の有効利用面積はさらに拡大していきました。

「復興」終戦後の清水港

戦火にくじけず、再起への力強い一歩を踏み出した市民

写真:廃墟の中に立つサイレン塔

 昭和16年、太平洋戦争勃発、昭和19年の暮れには清水市も空襲を受けるようになりました。

 初めは港や工業地帯が中心でしたが、翌年には市内も対象になりました。そして、昭和20年終戦、それからの清水の復興にはめざましいものがありました。

 昭和20年7月の大空襲からわずか5ヶ月後には、被災都市の中ではいち早く、4000戸余のバラックが焼け跡に作られました。市民の復興への意欲はそれほど強かったといえるでしょう。市当局や地域の人たちは困難な状況の中で、焼けた学校の復興と、6・3制教育に基づき、昭和22年から発足した新制中学の建設を積極的に進めました。

 次に、市が重点を置いたのが、戦災によって港湾施設の7割を失った港の復興でした。上屋は6棟のうち3棟が被害を受け、大部分の倉庫やクレーンも壊され、港や工場も米軍の管理下となり、港は船の出入りもなく荒れ果てていました。

改修工事へ

写真:清水港湾工事事務所(昭和36年頃)

 昭和22年5月には、当時の運輸通信省第二港湾建設部に清水港工事事務所(現在の国土交通省清水港湾事務所)が設置され、港湾施設の本格的改修に着手。同年には連合軍により貿易港12港の1つに指定されると、清水港では息を吹き返したかのように、戦争によって中断していた貿易が再開されたのです。

 当時の輸出品は、茶・まぐろ缶詰・みかん、輸入品は小麦・大麦・とうもろこし・砂糖などでした。港がだんだん活気を呈してくると、荷役機械・施設の増強が図られてきました。

 昭和25年には戦後初の本格的構造物となった清水港桟橋の拡幅工事が完了。その後も石炭埠頭の建設、折戸湾約3万坪の埋め立て、13万平方メートルの浚渫工事などの大掛かりな修築作業が実施され、清水港は急速に近代港としてその姿を整えていったのでした。

 昭和22年、GHQにより全国12港のひとつとして貿易港に指定されました。これを祝って戦後第1回の港まつりが8月4日に行われ、市民あげておおいに賑わいました。同年にガリオア資金(占領地救済資金)による待望の食糧船が入港しました。

 民間貿易が再開される前に、早速、アメリカから県下の商工業界へ取引紹介が行われています。清水商工会議所にもニューヨークにある大手商事会社より繊維製品、雑貨、塗料、家具、電気製品、医療品などの輸出と日本商品の輸入について問い合わせがあり、同会議所ではその態勢づくりを急ぐなど、港のめざましい復興は戦後の清水の商工業界発展の足がかりとなったようです。


写真:清水港重要港湾指定祝賀式(昭和27年)

 昭和23年に民間貿易再開、25年に港湾法が公布され、これを機会に県が清水港の管理主体となりました。

 この年には港の荷役能力は月間10万トンと、昭和12年~13年頃の水準まで回復することができました。

 昭和27年には、清水港は特定重要港湾に指定され、貿易はさらに大きく躍進。

 ついに昭和33年には戦前の最高である昭和13年の貿易額の1.8倍までこぎつけたのです。 貿易品の中心は、茶やまぐろ、みかんの缶詰でした。また、清水波止場に変わって江尻波止場が完成し、漁港としても大きな役割を果たすようになりました。