• 清水港
  • 御前崎港
  • 田子の浦港
  • 下田港

港のルーツをたどる

 清水港のルーツをさかのぼってみると、最初は原始的な渡し場であったと考えられます。

 日本書紀によれば、斎明天皇(660 年)の頃、百済援助の軍船が清水港周辺で造られ、多くの軍兵が出発したと推測される記録があります。

 平安時代には避難港として、戦国時代には武将たちの戦略の要衝としての役割を果たしました。

 文亀元年(1501年)に今川氏が駿府に本拠を置いてからは、清水は砦(とりで)としてその水軍が管理しました。その後、武田信玄が浜清水に袋城を築き、軍事基地として軍船を建造しました。 

 慶長10年(1605年)、徳川家康は軍事上、海上交通の要衝と考え、袋城を埋めて港町を作りました。港の中心は巴川岸に移り、江戸、大坂をはじめ東海各地との物資輸送の中継基地・清水湊として多くの廻船でにぎわい、大きく発展。 

 明治11年、明治新政時代を迎え、清水波止場が作られました。明治29年開港外貿易港指定、そして明治32年には開港場指定となり、清水港は国際貿易港として記念すべき近代化の一歩を踏み出したわけです。

海の東海道

写真:千石船 海にも東海道があったなんて知っていましたか?それがあったのです。江戸時代には天下の台所の大坂と百万都市の江戸とを結ぶ交通が非常に発達したのです。

 陸上交通だけでなく海にも東海道があり、「千石船」と呼ばれた菱垣廻船や、樽廻船といわれる定期船が通って、物資輸送に活躍していました。

駿府を支えた清水湊

安政の時代から残る元廻船問屋(本町)

写真:元廻船問屋

 将軍職を秀忠に譲った家康が駿府に居住したことで、清水湊は商業港・海の宿場としても発達しました。駿府城の修築・修理のための石材をはじめ多くの物資が巴川を上って、駿府まで運ばれました。

 慶長20年(1615年)の大坂の役の時、清水湊の商人たちが徳川軍の食料輸送などに活躍した功が認められ、家康から42軒の廻船問屋に営業の独占権が与えられました。これは商業活動のほかに沿岸警備や海難事務にもあたらせるもので、清水は近在の各湊から小廻船で運ばれる物資を大型船に積み替える中継基地として大いに賑わいをみせました。