• 清水港
  • 御前崎港
  • 田子の浦港
  • 下田港

清水港のココがスゴい!

 清水港には、日本一がたくさんあります。このコーナーでは、そんな清水港のスゴいところをご紹介します!

こんなものが日本一!

 外国から清水港に運ばれてくるもの、清水港から海外へ運び出されるものは、量も種類もたくさんあります。その中で、清水港での取りあつかいが日本で一番多いものをご紹介します。

輸入

 サッカーJリーグで清水エスパルスが日本一を目指していますが、ボールの輸入は清水港が日本一ということを知っていましたか?

 おいしいお寿司になる冷凍マグロの取り扱い量も日本一です。これは外国の港からではなく、世界中の漁場から直接運ばれてきているのです。

イラスト:サッカーボール
ボール

 タイやベトナム、中国、パキスタンなどから輸入しています。

冷凍マグロ
 
世界中の漁場から輸入しています。
イラスト:紅茶
紅茶

スリランカやインドから輸入しています。

輸出

 オートバイ、プラモデルの輸出は清水港が日本一です。特にオートバイは多くの生産工場が静岡県内にあって、清水港から世界各地に送り出されています。


イラスト:プラモデル
プラモデル

 静岡市は日本一のプラモデルの生産地。メーカーの工場から60カ国以上の国々に輸出されています。
イラスト:オートバイ
オートバイ

 静岡県には世界的に有名なオートバイやスクーターの会社があります。清水港から世界各国へ輸出されています。

日本三大美港のひとつ!

 清水港は富士山や三保の松原など、風景にめぐまれた美しい港で、日本三大美港のひとつです。

 現在、富士山の見える港にふさわしい風景をつくるために、建物や施設の色のぬりかえをする「みなと色彩計画」をすすめています。色は、シンボルカラーのアクアブルー(明るい水色)とホワイトを中心に、自然の景色に合う色が選ばれています。港に関係する人たちがみんなで協力して、今のような美しい景色がつくられているのです。

写真:白と水色のガントリークレーン