• 清水港
  • 御前崎港
  • 田子の浦港
  • 下田港

どんな歴史があるの?

 清水港の歴史は飛鳥[あすか]時代にさかのぼる!?開港からげんざいまでの港の歩みをしょうかいするよ。

飛鳥[あすか]時代  『日本書紀』に「斉明天皇[さいめいてんのう]が百済[くだら]を救うために駿河国するがのくに]に船を作らせた」と書いてあり、また、庵原氏がその救済軍の将だったと言われることから、船は清水港周辺で作られたと考えられます。
戦国時代  今川・武田・豊臣ら群雄の戦略基地として用いられました。
江戸時代

 江戸と大坂を結ぶ重要な港として、米と塩を主にあつかい、たくさんの千石船[せんごくせん]などでにぎわっていました。 このころは、巴川の河口が港として使われてたんだよ。

明治11
(1878)

 現在の日の出マリンパークの周辺に波止場[はとば]が作られました。清水港の近代化のはじまりだね!

明治32年
(1899)
 外国との貿易が始まります。(開港場に指定され、清水港が開港しました。)
明治39年
(1906)

写真:神奈川丸 静岡茶を清水港から初めてアメリカに輸出しました。お茶の輸出が盛んになりました。

大正12年
(1923)
写真:避難民 関東大震災。 清水港は京浜方面から軍艦で運ばれた避難民を受け入れたり、救援物資を海から運ぶ基地として使われました。
昭和5年
(1930)
写真:みかん缶詰のラベル

 マグロ油づけかんづめの輸出が始まりました。  マグロ油づけかんづめは、アメリカ人に大人気だったんだ。静岡県で開発されたんだよ、すごいよね。他には、みかんのかんづめの輸出、木材の輸入も盛んだったよ。

昭和27年
(1952)
 国の特定重要港湾に指定されました。(国が外国との貿易で特に重要だと定めた港)
昭和45年
(1970)

写真:パシフィックバンガー号 初めてのコンテナ船(パシフィックバンガー号)が入港しました。 清水港にもコンテナがいっぱい置かれるようになったんだ。

昭和57年
(1982)

 袖師コンテナターミナルがオープンしました。
平成2年
(1990)
写真:クイーンエリザベス2世号 豪華客船クイーンエリザベス2が入港しました。 
 この年から清水港に多くの客船が訪れるようになります。
平成11年
(1999)
 清水港開港100周年!日の出地区にドリームプラザやマリンパークなどができ、1日遊べる楽しい港になりました。
平成15年
(2003)

 新興津[しんおきつ]コンテナターミナルオープンしました。 清水港がパワーアップしたんだ。

平成18年
(2006)

 お茶直輸出100周年を迎えました。

平成20年
(2008)

 新興津第2バースの整備が開始されました。

平成23年
(2011)

 国の国際拠点港湾に指定されました。(特定重要港湾から名称変更)

平成25年
(2013)
 新興津コンテナターミナル第2バースの一部の供用が開始しました。
平成29年
(2017)
 国の国際旅客船拠点形成港湾に指定されました。これからクルーズ船の受け入れ整備が加速していきます。
令和元年
(2019)
 開港120周年を迎えました。