• 清水港
  • 御前崎港
  • 田子の浦港
  • 下田港

進む防波堤整備


ケーソン・ブロックの設置

 荒天時における、避難船のための水域確保、及び、津波対策としての機能を兼ね備えた防波堤建設が、赤根島と須佐里崎に挟まれた湾口部で進められています。

 これは湾中央部に航路幅120mを確保して、西側及び東側の両端を岸から50m離し、西側(赤根島側)500m、東側(須佐里崎側)400mの防波堤を建設するものです。

 現在、防波堤の整備状況は西側500mの内、仮航路幅150mを設け350m(消波ブロック被覆堤260mと消波ブロック内蔵双胴型堤90m)が暫定完成し、東側400mの内、255m(消波ブロック被覆上部斜面式スリット堤105mと上部斜面直立消波堤)が暫定断面で完成しています。

消波ブロック製作状況

消波ブロック製作状況

ケーソン製作状況

ケーソン製作状況

ケーソン運搬状況

ケーソン運搬状況