• 清水港
  • 御前崎港
  • 田子の浦港
  • 下田港

駿河湾臨海工業地帯を支えるエネルギー供給港

写真:駿河湾臨海工業地帯 田子の浦港は、昭和33年(1958年)に静岡県総合開発計画に基づく、駿河湾臨海工業地帯の拠点として建設に着手し、同36年(1961年)に供用開始、同39年(1964年)に重要港湾、工業整備特別地域整備促進法に基づく工業整備特別地域に指定され、地域経済の成長とともに工業港として順調に発展してきました。

 田子の浦港には、豊富な工業用水を活用した製紙、化学工業等の製造業、また、石油配分基地、セメントサイロ等が多く立地しており、同港はこれら企業の原材料の供給港として重要な役割を担うなど、国際海上輸送網及び国内海上輸送網の拠点として重要な役割を果たしています。